世伸堂薬局−過敏性腸症候群 漢方相談、漢方生薬・漢方薬酒通信販売

世伸堂薬局 漢方相談、漢方生薬・漢方薬酒通信販売 漢方による体質改善などお気軽にご相談ください
症状別におすすめする漢方薬 店頭症例のご紹介 漢方処方の基本 生薬の通信販売 世伸堂薬局のご紹介
世伸堂薬局トップページ
症状別におすすめする漢方薬
アトピー性皮膚炎
花粉症
丈夫な子にする
喘息・慢性気管支炎
過敏性腸症候群
リウマチ
腰痛
頭痛
不眠症
膀胱炎・尿道炎
高血圧
心の病 憂鬱・不安・イライラ
ニキビ
肌トラブル 肌アレ・シミ
肌トラブル 赤ら顔・脂性・クマ
HOME > 症状別におすすめする漢方薬 > 過敏性腸症候群

◆過敏性腸症候群におすすめする漢方薬


漢方では以下の他、多くの処方を使用して、過敏性腸症候群編に対処しています。それだけ、病因が複雑であるということです。また治療の途中で書法を変更することも過敏性腸症候群編の場合、多くあります。
下記は代表的な処方ですがその他にも重要な処方が多くありますので(五苓散など)良く専門家にご相談の上、体質に合う漢方を見つける参考としてください。

症状 腹痛(張って痛む、お腹を押さえたくない)を伴う下痢または便秘、あるいは下痢と便秘の繰り返し。
便が細い、あるいはコロコロの兎糞状。腹部膨満感や残便感がかなり強い。
精神的ストレスや環境の変化で悪化し、リラックスしていると症状は軽い。
女性の場合は生理の前になると悪化する。
病証 肝脾気滞証
処方 この症状の主要処方としては、逍遥散を用います。
下痢が主、疲れやすい、食欲不振の場合は逍遥散六君子湯を用います。
イライラ感がさらに強く、のぼせや目の充血を伴う場合は加味逍遥散を用います。
肝脾気滞証というのは胃腸が弱くイライラや神経過敏な体質の方をいいます、精神症状により便秘や下痢を交互に繰り返すことが多くなります、疲れたときにも症状が出やすくなります。

症状 腹痛(シクシク痛む、張って痛む、お腹を押さえると楽になる)を伴う下痢または便秘、あるいは下痢と便秘の繰り返し。
腹部の膨満感があり、ガスが出やすい。疲労により悪化する。
病証 脾虚肝乗証
処方 この症状の主要処方としては、桂枝加芍薬湯を用います。
過敏性大腸症候群の代表的な処方です、比較的急性に現れこの処方ですぐに直ってしまうというタイプが多くあります。
疲れやすく元気がない、食欲にムラがある、腹部膨満感は軽い場合は小建中湯を用います。
がんこな便秘、腹痛が強い場合には桂枝加芍薬大黄湯を用います。

症状 腹痛(お腹に冷感を伴う、温めたり押さえたりすると楽になる)を伴う下痢または便秘、あるいは下痢と便秘の繰り返し。
味を感じにくい。顔色が青白い。元気がなく疲れやすい。寒がり、腰や下半身が冷える。
足腰が弱い・だるい・痛む。耳鳴りやふらつきがある。
冷えや疲労により悪化し、温めたり休息をとったりすると軽くなる。
病証 脾腎陽虚証
処方 この症状の主要処方としては、真武湯人参湯を用います。
風邪を引いてしまいその後下痢をするようになった等の場合の多く使用されます。
真武湯は体を温める作用が強く冬になり体に元気がなく、冷え性であり、めまいふらつきがある、等に適します、手軽なため使用頻度が多い処方です。

症状 下痢または便秘、あるいは下痢と便秘の繰り返すが、腹痛は伴ったり、伴わなかったりする。
便はベトベトしやすく、トイレットペーパーを何回も使わないと拭き取れにくい。水を流しても便器に残りやすい。便やオナラの臭気が強い。
胃のもたれ感、吐き気、口中不快感、口臭、腹鳴、腹部膨満感、食欲の低下あるいは亢進。
飲酒・辛いものや油濃いものの摂りすぎにより悪化する。
病証 脾胃湿熱証
処方 この症状の主要処方としては、半夏瀉心湯を用います。
イライラ感や不安感を伴い、下痢の回数が多い場合は甘草瀉心湯を用います。
吐き気・嘔吐・ゲップ等が顕著な場合は生姜瀉心湯を用います。
いわゆる瀉心湯の種類ですが、体質に合わせて3種類が頻用されています。
体質の判定は専門家によくご相談ください。


世伸堂薬局でのご相談は完全予約制です
T-POINTが使えます
わんわん漢方
漢方薬酒のすすめ−古くから逸話のある薬酒の数々をご紹介
漢方相談薬剤師紹介
不登校、引きこもり、家庭内問題 心理カウンセリング

新潟県上越市の漢方薬局 世伸堂薬局 漢方に関するご相談お任せください
〒949-3115 新潟県上越市大潟区渋柿浜382-1 TEL:025-534-2953 FAX:025-534-4897
Copyright(C) SEISINDOU.JP 2015 All rights reserved.