世伸堂薬局−皮膚病に関する症例 漢方相談、漢方生薬・漢方薬酒通信販売

世伸堂薬局 漢方相談、漢方生薬・漢方薬酒通信販売 漢方による体質改善などお気軽にご相談ください
症状別におすすめする漢方薬 店頭症例のご紹介 漢方処方の基本 生薬の通信販売 世伸堂薬局のご紹介
世伸堂薬局トップページ
店頭症例のご紹介
皮膚病に関する症例
婦人病に関する症例
体質改善に関する症例
外科疾患に関する症例
神経疾患に関する症例
胃腸病に関する症例
精神疾患に関する症例
生活習慣病に関する症例
泌尿器疾患に関する症例
内臓疾患に関する症例
HOME > 店頭症例のご紹介 > 皮膚病に関する症例 > 皮膚-07

◆暖まると湿疹が出る、昼間は出ない、夜間は体中がかゆい。湿疹があちこちに出る

10歳代女性 暖まると湿疹が出る、昼間は出ない、夜間は体中がかゆい。湿疹があちこちに出る。 皮膚-07

◆症状と経過

女子中学生。お母さんと一緒に相談に見える。
夕方になると体のあちこちがかゆくなる。12月頃、鯖にあたったような湿疹が少し出た、その後、夕方になって学校から帰ると、体のそこら中が痒くなりどうしようもないとのこと。
近隣の皮膚科を受診して抗アレルギー剤を投薬されたが、服用すると体調が悪くなってしまいほとんど効果がないと訴える、朝起きたときはそんなに痒みを感じない、学校に行っているときは全く痒くない、自宅に帰って暖まると症状が出てくる。

◆使用処方と考察

症状が出てから、2ヶ月くらいたっているが、毎日症状が繰り返して出てくる。
夜間痒くて眠れないということはなく、布団の中に入ってしまえばよく眠れるとのこと。
舌診では異常なく、通常の舌と判断した、貧血症状もなく、生理も順調、生理の前後に悪くなるということもない、便通は毎日1回、汗はあまりかかない、体質は夏より冬の方が過ごしやすく、わりと暑がりである、お腹が痛くなると言うこともない。
食欲が十分にある反面、少し偏食気味、お母さんによると好き嫌いが多いとのこと、漢方的に言えば風熱であり表証、採用処方は消風散
煎じ薬で1日2回朝夕アルミパックのものを食前に服用してもらうことにした。
消風散の中には石膏が入っており清熱作用となっている、通常は症状により石膏を増量してだすことがよくあるが、今回は成長期の中学生であることから、別にカルシウム剤(錠剤)を朝1錠ずつ食後に服用を指示した。
2週間ほどして、お母さんがご来店され、症状は全く消えたとのお話。本人の表情も痒みから解放されたためか落ち着きがまして明るくなったとのこと。
お薬が少し余っているとのことで、カルシウム剤は3ヶ月ほど継続して服用するようにした、子供の成長期において時々、カルシウム不足による様々な症状が出るときがある。集中力がなくなったり、湿疹が繰り返して出るなどが多くあるが、皮膚症状の場合その多くは適当な漢方処方とカルシウム剤の併用でよく改善することが多い。
今回の場合は貧血の症状やむくみなどががなかったため処方選択(消風散+カルシウム剤)も簡単にできた。
また、症状が夕方のみに集中していることから副腎皮質ホルモンの分泌リズムにも多少関係していることが想像される、副腎ホルモンは朝方多く分泌され、夕方の分泌は最小量となる。
副腎皮質ホルモンの分泌が少ない夕方になると、炎症が起きやすくなり、血管における滲出性が増し皮膚に炎症が起きるようになってしまうことが予想される。
皮膚毛細血管の維持のため、ミネラル分特にカルシウム分をより多くとるようにお母さんにお話しして、現在も毎日の食事にそのことを配慮して頂いている、具体的には朝のおみそ汁を欠かさないこと、特にこのような体質の方は、みそ汁の具はシジミやアサリなどの貝類がよいことなど。


世伸堂薬局でのご相談は完全予約制です
T-POINTが使えます
わんわん漢方
漢方薬酒のすすめ−古くから逸話のある薬酒の数々をご紹介
漢方相談薬剤師紹介
不登校、引きこもり、家庭内問題 心理カウンセリング

新潟県上越市の漢方薬局 世伸堂薬局 漢方に関するご相談お任せください
〒949-3115 新潟県上越市大潟区渋柿浜382-1 TEL:025-534-2953 FAX:025-534-4897
Copyright(C) SEISINDOU.JP 2015 All rights reserved.