世伸堂薬局−皮膚病に関する症例 漢方相談、漢方生薬・漢方薬酒通信販売

世伸堂薬局 漢方相談、漢方生薬・漢方薬酒通信販売 漢方による体質改善などお気軽にご相談ください
症状別におすすめする漢方薬 店頭症例のご紹介 漢方処方の基本 生薬の通信販売 世伸堂薬局のご紹介
世伸堂薬局トップページ
店頭症例のご紹介
皮膚病に関する症例
婦人病に関する症例
体質改善に関する症例
外科疾患に関する症例
神経疾患に関する症例
胃腸病に関する症例
精神疾患に関する症例
生活習慣病に関する症例
泌尿器疾患に関する症例
内臓疾患に関する症例
HOME > 店頭症例のご紹介 > 皮膚病に関する症例 > 皮膚-05

◆寒くなると湿疹、、お風呂にはいると細かい湿疹、20年以上症状を繰り返す

60歳代女性 寒くなると湿疹、、お風呂にはいると細かい湿疹、20年以上症状を繰り返す。 皮膚-05

◆症状と経過

60歳代の女性で20年以上湿疹がでるとのこと。あちこちの皮膚科に通院したが完治せず、毎年冬になり寒くなると湿疹が出だす、お風呂に入ったときや暖まったときなど体全体に細かい湿疹が出てかゆくてたまらない状態。運動をした後もかゆみが出てくるが、体がさめてくると自然に治ってくる、夏はあまりこの症状がひどくない。
汗は普通、青みの魚を食べてからこの症状が始まった、医者には蕁麻疹だといわれている、体質は暑がりで冬の方が過ごしやすい、冬になると体がほてる、仕事をしていても暖まるとかゆい、足と体がほてる、便通は毎日、とにかく暑くなると症状が出る。
冬季の睡眠時も電気毛布は嫌い。血圧普通、下痢はしていない、尿量は普通、回数が多く2から3時間に1回くらい、夜間排尿もある、手足は冬になるとがさがさになる、首から下に汗を良くかく、寒くなると若いときのリウマチが出るのか正座ができない。

◆使用処方と考察

よく言われる、寒冷蕁麻疹の病態を示している。
長年皮膚科にかよって、抗アレルギー剤などの投薬を受けてその場しのぎで治療しているが、体質的に治っていないので、症状を繰り返し再発している、そのためこのような方は皮膚科を転々と変えあちこちの大学病院まで行くケースがよく見られる。、
舌診は、舌質舌色が淡白で白苔がある、舌裏静脈の怒張なし、医者には貧血はないといわれている、最近心臓がどきどきするとのこと。
体質からみると、熱証で栄養不足による乾燥が原因の湿疹、西洋医学的には貧血がないといわれているが、眼をひっくり返して(アッカンベーの形)みると真っ白で、血虚有り、(補血作用が必要)当帰飲子にのぼせ等に対処するため黄連解毒湯+四物湯を合方して処方する。
当帰飲子にはすでに、四物湯が配合されているので、その部分を増量した形。
この薬は煎じたものを冷やして服用するように指示する。服薬を開始して2週間ほどしてほとんどのぼせ症状は消え、湿疹も嘘のように出なくなったとのこと、ずいぶん感謝されたが、補血剤を多く処方することにより上手に対処できた例である。
1ヶ月分の処方で、ほとんど完治し、少し煎じ薬が余ってしまったと訪問時にお話しされていた。
皮膚科に通う手間がなくなり何十年もの疾患がほんの1ヶ月くらいでがらりと良くなる例を何度も経験するが、体質があった場合、漢方は西洋医学以上の効き目を発揮するときがある
このケースの場合、貧血が大きな要因となっていたことがわかる、食事は鉄分を多く含んだものを積極的にとるようにすすめ、本人もそのことをよく理解された。
鉄は比較的からだからなくなりにくいミネラルであるが、女性では表面に出ている症状の陰に血虚が隠れていることが多い、四物湯は基本的な処方であるがうまく使うと非常に切れ味の良い処方となる。


世伸堂薬局でのご相談は完全予約制です
T-POINTが使えます
わんわん漢方
漢方薬酒のすすめ−古くから逸話のある薬酒の数々をご紹介
漢方相談薬剤師紹介
不登校、引きこもり、家庭内問題 心理カウンセリング

新潟県上越市の漢方薬局 世伸堂薬局 漢方に関するご相談お任せください
〒949-3115 新潟県上越市大潟区渋柿浜382-1 TEL:025-534-2953 FAX:025-534-4897
Copyright(C) SEISINDOU.JP 2015 All rights reserved.