世伸堂薬局−外科疾患に関する症例 漢方相談、漢方生薬・漢方薬酒通信販売

世伸堂薬局 漢方相談、漢方生薬・漢方薬酒通信販売 漢方による体質改善などお気軽にご相談ください
症状別におすすめする漢方薬 店頭症例のご紹介 漢方処方の基本 生薬の通信販売 世伸堂薬局のご紹介
世伸堂薬局トップページ
店頭症例のご紹介
皮膚病に関する症例
婦人病に関する症例
体質改善に関する症例
外科疾患に関する症例
神経疾患に関する症例
胃腸病に関する症例
精神疾患に関する症例
生活習慣病に関する症例
泌尿器疾患に関する症例
内臓疾患に関する症例
HOME > 店頭症例のご紹介 > 外科疾患に関する症例 > 外科-06

◆両手の先端のしびれ。手首の腱鞘炎で通院中、手ぬぐいを絞る手に力が入らない

60歳代女性 両手の先端のしびれ。手首の腱鞘炎で通院中、手ぬぐいを絞る手に力が入らない。 外科-06

◆症状と経過

昨年から、手首の腱鞘炎になり通院治療をしているがなかなか改善しない。
2ヶ月ほど前から両手のしびれと痛みが出るようになった。医院の薬と併用できるような漢方薬がほしいとご本人が来店される。
症状をお聞きすると、朝の方が具合が悪いらしく、親指の関節が動かしにくい、他の指の関節も動かすときにゴキゴキいう音を立てている感覚がある。台所の準備中や、ふきんなどを絞るときに力が入らず苦労されている、症状は季節に関係なく1年中あり、年々悪くなっているように感じている。
お仕事は、習い事の先生、手を動かすことの多い習い事のため生徒に教えるときに、すべての指を使うため負担がかかってしまう。
膝の関節も悪く、立ったり座ったりするときに両膝の痛みがある。
体質は暑がりでも寒がりでもない、普通、((注)この普通という言葉は漢方相談でよくでてきますが、あくまでも普通というのは患者さんが言う言葉であり、単に普通ではこの段階では証がとれないということになりますし、よりつっこんだ質問、診断が必要となります)、便通は2日か3日に1回くらい、尿量は少ない方、尿の回数も多くない、食欲は普通でお腹もすくし満腹感もある、昼寝はしない、少し肥満体質なのであまりたくさんは食べないようにしている、よく眠れる、汗も普通、体力はあまり無い、年のせいか?足腰にもあまり力が入らない、痛みについては何もしなければそんなに感じない、しびれは絶えず感じている。足や手のむくみも少しあり、日によってむくみが激しいときがある。肩や腰の張り、痛みなどはない。どちらかというと季節は夏の方がすき、貧血は医者で検査した結果、ないとのこと。
知人からこの薬局がよいと進められてきたとお話しされ、具合が良ければ医者の薬をやめたいと希望される。
病院からは、ザイロリック、リピトール、非ステロイド消炎鎮痛剤、ビタミンB12、が投薬されており服薬中。
ザイロリック、リピトールは6年近く継続している、消炎鎮痛剤のみについては症状が良くなれば廃止しても良いでしょうと説明する。

◆使用処方と考察

望診にて貧血症状を疑い、軽いふらつきやめまいなどが時々あることや、下まぶたを裏返してみるとほとんど色が付いていない状態、血虚と判断する。
舌診は通常舌で特記無し、薄い白苔有り、舌裏静脈の怒張があり、関節の痛み、若い頃生理が少しきつかったとのこと、先日家で畳の縁に足を引っかけて転んでしまったことがある、採用処方は、牛膝散合甲字湯、(桂枝茯苓丸の加味方)とした。
牛膝散は下焦の血ヲに対する処方で、桂枝茯苓丸の茯苓を除き、牛膝、当帰、延胡索、木香を加えたもの、活血化ヲと理気止痛の効果を強くしてある処方です、むくみや冷えなどが気になるため、あえて茯苓、生姜を追加する。結果的に牛膝散合甲字湯という処方名になってしまったが、一般には桂枝茯苓丸加減方がわかりやすいかと思います。
1ヶ月分投薬した結果、約2週間で完治、主症状の両手先のしびれは全くなくなった
手足の冷えや痛みも消え去り、非常に体調がよいとのこと、当薬局の使用経験でも牛膝散は理気止痛の効果が特に高く、ヲ血が気になる場合に有用な処方です。
非ステロイド消炎鎮痛剤は結果的に処方からはずれた。
このケースでもう一つ大事なポイントは、リピトールについてのチェック。リピトールの副作用として、重篤な腎障害又はその既往歴(横紋筋融解症の報告例の多くが腎機能障害を有する患者であり,又,横紋筋融解症に伴って急激な腎機能の悪化あり(治療薬マニュアル2002)、があげられる、医師の段階で当然そのチェックはなされていると判断し、今回幸いなことにそのような副作用とは関係がなかったが、患者さんへは、お薬の性質等をお話しして、継続するように指示した、最近では病院で出される医薬品の情報を患者さんもよく知っている場合が多く、この患者さんは理解力も十分あり非常に説明しやすかった。
アロプリノール(ザイロリック)に関しては、お茶の時間など有効に利用して水分補給をしっかりとすることをアドバイスした。


世伸堂薬局でのご相談は完全予約制です
T-POINTが使えます
わんわん漢方
漢方薬酒のすすめ−古くから逸話のある薬酒の数々をご紹介
漢方相談薬剤師紹介
不登校、引きこもり、家庭内問題 心理カウンセリング

新潟県上越市の漢方薬局 世伸堂薬局 漢方に関するご相談お任せください
〒949-3115 新潟県上越市大潟区渋柿浜382-1 TEL:025-534-2953 FAX:025-534-4897
Copyright(C) SEISINDOU.JP 2015 All rights reserved.