世伸堂薬局−体質改善に関する症例 漢方相談、漢方生薬・漢方薬酒通信販売

世伸堂薬局 漢方相談、漢方生薬・漢方薬酒通信販売 漢方による体質改善などお気軽にご相談ください
症状別におすすめする漢方薬 店頭症例のご紹介 漢方処方の基本 生薬の通信販売 世伸堂薬局のご紹介
世伸堂薬局トップページ
店頭症例のご紹介
皮膚病に関する症例
婦人病に関する症例
体質改善に関する症例
外科疾患に関する症例
神経疾患に関する症例
胃腸病に関する症例
精神疾患に関する症例
生活習慣病に関する症例
泌尿器疾患に関する症例
内臓疾患に関する症例
HOME > 店頭症例のご紹介 > 体質改善に関する症例 > 体質-03

◆高校2年生男児の神経症、頭のふらつき、動揺感

10歳代男性 高校2年生男児の神経症、頭のふらつき、動揺感。 体質-03

◆症状と経過

母親と一緒に相談に見える、小学校1年の頃からアレルギー性鼻炎を持っていた、以前に突発性中耳炎と診断され、めまいやふらつきがある、体が揺れる感覚がある、中耳炎は治っているがその後から症状がでてきたように思う、内科の検査では異常がないといわれた。
中学2年の秋に起床後ふらつきを感じて、風邪薬など飲むが治らない、いつも疲れやすい、すぐに眠くなる、便通はよい尿量は少ない、体は冷える方、おなかが痛くなることがよくある、汗をかきやすい、舌質淡白厚、貧血はなし。

◆使用処方と考察

めまい、神経症ふらつきなどから、当初小建中湯合苓桂朮甘湯を使用する、症状がなくなってきたので2ヶ月後苓桂朮甘湯のみにし継続、6月に入って症状が再発、じっとしていても体の動揺感がある考え込むとふらつく勉強しても集中力がない、と訴えがあるため疎肝、解鬱、鎮静を目的に柴胡桂枝湯を15日間使用、体力が回復して調子がよいととのことで、茯神、遠志、酸棗仁、木香、などを加えて現在継続中、初回肝気鬱の症状が見つけられなかったが、この場合肝気鬱の神経症と判断、柴胡桂枝湯を最終的に選択し、良い結果を得た。現在継続中。


世伸堂薬局でのご相談は完全予約制です
T-POINTが使えます
わんわん漢方
漢方薬酒のすすめ−古くから逸話のある薬酒の数々をご紹介
漢方相談薬剤師紹介
不登校、引きこもり、家庭内問題 心理カウンセリング

新潟県上越市の漢方薬局 世伸堂薬局 漢方に関するご相談お任せください
〒949-3115 新潟県上越市大潟区渋柿浜382-1 TEL:025-534-2953 FAX:025-534-4897
Copyright(C) SEISINDOU.JP 2015 All rights reserved.