世伸堂薬局−泌尿器疾患に関する症例 漢方相談、漢方生薬・漢方薬酒通信販売

世伸堂薬局 漢方相談、漢方生薬・漢方薬酒通信販売 漢方による体質改善などお気軽にご相談ください
症状別におすすめする漢方薬 店頭症例のご紹介 漢方処方の基本 生薬の通信販売 世伸堂薬局のご紹介
世伸堂薬局トップページ
店頭症例のご紹介
皮膚病に関する症例
婦人病に関する症例
体質改善に関する症例
外科疾患に関する症例
神経疾患に関する症例
胃腸病に関する症例
精神疾患に関する症例
生活習慣病に関する症例
泌尿器疾患に関する症例
内臓疾患に関する症例
HOME > 店頭症例のご紹介 > 泌尿器疾患に関する症例 > 泌尿-01

◆神経性の頻尿(1日に10回以上、職場でも頻繁で恥ずかしい)

40歳代女性 神経性の頻尿(1日に10回以上、職場でも頻繁で恥ずかしい)。 泌尿-01

◆症状と経過

45歳、女性、1日に10回以上トイレにゆく、尿の回数が多すぎて人目が気になる。食事をすると必ず排尿する、寝付きが悪い、娘の携帯電話の音やご主人のテレビの音が気になり熟睡できない、と相談に見える。夜間排尿も2回ほどある睡眠につく前にかならず排尿するようにしているがだめ、水分はあまりとらなくしている。汗はほとんどかかない、生理は順調、BP130−90、冷え性ではない、貧血もない、体は疲れる、舌質紅、薄い白苔、左の脇腹がいつも張ったような痛み、とくに排尿後違和感がある、腎臓疾患の心配をしている、便は硬い、一昨年右膝に水がたまり軟骨の変形があると外科で言われている、舌下の静脈太くはれている、性格は神経質なところがある、この症状は2から3ヶ月前から気になっている職場でも他人に変な目で見られることがいやで漢方治療を希望。

◆使用処方と考察

神経性のことから、心・肝の作用失調と解釈し熱実証、風邪をずっと引いているような感覚がある、ともお話のため慢性腎炎の疑いは?と質問したが西洋医学的に検査の結果異常はないとのこと。
柴胡剤のうち、逍遙散を選択する。加味として、酸棗仁、遠志、大黄0.3と桂枝を加えた処方とする、逍遙散加味方。3ヶ月ほどしてずいぶん尿の回数が減ってきているとのこと、顔色も良くなり表情が明るくなった、六ヶ月後にほとんど症状がなくなったので服薬を終わりとした。その後もほとんど症状は出ていないとのこと。現代の漢方相談でやはり多いものが肝気鬱からくる不定愁訴である。


世伸堂薬局でのご相談は完全予約制です
T-POINTが使えます
わんわん漢方
漢方薬酒のすすめ−古くから逸話のある薬酒の数々をご紹介
漢方相談薬剤師紹介
不登校、引きこもり、家庭内問題 心理カウンセリング

新潟県上越市の漢方薬局 世伸堂薬局 漢方に関するご相談お任せください
〒949-3115 新潟県上越市大潟区渋柿浜382-1 TEL:025-534-2953 FAX:025-534-4897
Copyright(C) SEISINDOU.JP 2015 All rights reserved.