世伸堂薬局−皮膚病に関する症例 漢方相談、漢方生薬・漢方薬酒通信販売

世伸堂薬局 漢方相談、漢方生薬・漢方薬酒通信販売 漢方による体質改善などお気軽にご相談ください
症状別におすすめする漢方薬 店頭症例のご紹介 漢方処方の基本 生薬の通信販売 世伸堂薬局のご紹介
世伸堂薬局トップページ
店頭症例のご紹介
皮膚病に関する症例
婦人病に関する症例
体質改善に関する症例
外科疾患に関する症例
神経疾患に関する症例
胃腸病に関する症例
精神疾患に関する症例
生活習慣病に関する症例
泌尿器疾患に関する症例
内臓疾患に関する症例
HOME > 店頭症例のご紹介 > 皮膚病に関する症例 > 皮膚-04

◆体が温まると全身に隆起状湿疹、興奮すると湿疹、毎日発症する、7年前から

20歳代男性 体が温まると全身に隆起状湿疹、興奮すると湿疹、毎日発症する、7年前から。 皮膚-04

◆症状と経過

7年前から、体が温まると湿疹が出るようになった、特に入浴すると全身にじんましん用の湿疹が出てくる、皮膚科でいろんな処方を出されたが全く効かない、最初に現在の症状が出たのは、お風呂に湯花を入れたら出てきた。風呂は低温で入浴している、暖かいところ、興奮したりするとき、同様に湿疹が出る、冬でも暖房はダメ、汗は普通、便通も1日1回、尿量も普通、舌診は紅色白苔薄く、側面は歯形がくっきりと残っている、脾気虚、舌下静脈の怒張有り、血色は良い、血虚無し、手のひらが全体に赤い、まだらにぼんやりと赤い、イライラが強い様子、食欲は十分にある、よく食べる甘いもの好き、脇腹の張った感じはない、症状を聞いている日も、病院でステロイドの注射をうってきたとのこと。

◆使用処方と考察

当初、家族が相談に見える(父)、清熱剤をまず第一に選択して15日分投薬する、喉の渇きなど確認できなかったが、白虎加人参湯を選択した、15日後本人が来店され詳しく症状を聞くことができた、すこしイライラが強く(湿疹が出るため)結論を急いで聞きたがる状況、舌診から脾気虚を確認、滲出性体質、胃腸があまり強くないのとから、黄連解毒湯を選択、柴胡桂枝湯と合方して投薬する、消化器系統の異常から肝気の停滞を起こしているものと判断する、湿疹が体の上部に多く発生すると言うことから、柴胡清肝散なども考慮するが、当面は黄連解毒湯、合、柴胡桂枝湯の長期服用を勧めた。3ヶ月後症状が緩解、継続服用。


世伸堂薬局でのご相談は完全予約制です
T-POINTが使えます
わんわん漢方
漢方薬酒のすすめ−古くから逸話のある薬酒の数々をご紹介
漢方相談薬剤師紹介
不登校、引きこもり、家庭内問題 心理カウンセリング

新潟県上越市の漢方薬局 世伸堂薬局 漢方に関するご相談お任せください
〒949-3115 新潟県上越市大潟区渋柿浜382-1 TEL:025-534-2953 FAX:025-534-4897
Copyright(C) SEISINDOU.JP 2015 All rights reserved.